古民家再生

古民家再生と言っても何が民家で、何が再生なのか?リフォームとどう違うのか?とまずは疑問に思うでしょう。古民家再生は社寺建築などの文化財の改修とは違い、元の姿に戻すとは限りません。むしろ再生であっても建築基準法に適合させなければならず、完全に元の姿に戻すことは不可能に近いと言えます。

古民家再生に対する考え方は人様々であり、一意に定義することはできませんが、古民家は文字通り人が住む家であり、その地域の気候・風土に合わせた工夫が数多く詰まっています。既存の材料をできる限り再利用して古民家の持つ良さを生かしつつ、現代の生活スタイルに合わせた改修を行うことが古民家再生と言えるのではないでしょうか?。そういう意味では既存建物の材料を利用したリフォームとも言えます。

(株)堀内組は日本民家再生リサイクル協会の理念に賛同し、本協会の会員となっています。